第1回 アートに共感して Art in Sympathy 展 1st.

展示会期2005年12月13日[火]〜12月20日[火]
開廊時間12:00―19:00(最終日のみ17:00まで、日曜祝日休廊)
展示作家金井塚岳流/松本直也/植田智徳/久保田美穂/小林チエ/古和光摘/齋藤秀樹/ 神出暁/関口和博/寺澤伸彦/富樫智子/戸島大輔/中村功/橋本舞/馬場恵/ベップヒロミ/ 益子直子/元木孝美/柳井嗣雄/吉野哲平/今澤正/木曽美和子/長谷川冬香/市川和英/ 木村英生/西尾順/根本有華/羽賀洋子/古谷雅代/相川美里/粟屋麻理/中村万緑子/

「クリエイティブ・インターチェンジ・プログラム」*の第一回目として、「アートに共感してArt in sympathy」展を開催します。アートやデザインに携わるできるだけ多くのアーティストやクリエイターに作品を展示して、展示作品を通して「つくり 手」と「受け手」とが交わるインターの「場」をつくりだすのが目的です。
「つくり手」と「受け手」とがともに手と手をとりあって、クリエイティビティを高揚させ、共感の輪を拡大するということでもあります。そのために、より多 くのクリエイターとレセプター(ビホルダー)とを集め、アートを受け入れて育てる柔軟な仕組みを人形町ヴィジョンズを中心にしてつくりだしたいと思いま す。

*「クリエイティブ・インターチェンジ・プログラム」について
アートやデザインのクリエイティブな活動を広く社会に紹介して、「つくり手」と「受け手」とが相互に交通・交流(インターチェンジ)して共感しあえるイン ターの「場」を設けて、多くの方々がクリエイティブな活動を支援し育てることができように媒介する人形町ヴィジョンズの活動が「クリエイティブ・インター チェンジ・プログラム」です。

寺澤伸彦 Nobuhiko TERASAWA
Profile

1977年 島根県生れ

2000年 帝京大学文学部国文科卒業

2003年 阿佐ヶ谷美術専門学校卒業
東京在住

Solo Exhibitions
2003年 「Supercalifragilisticexpialdocious」表参道画廊(東京)

2004年 「shapeless」ギャラリィK(東京)

Vision’s Exhibitions
2005年 寺澤伸彦 “Ghost walks”
2005年 “Marquise”

2005年 art in sympathy;アートに共感して 1st.

2008年 DIG&BURYのGRAFFITI BOXING

ACCESS

人形町ヴィジョンズ
〒103-0012東京都中央区日本橋堀留町2-2-9ASビル1F

東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線《人形町駅》A4・A5出口徒歩5分
Tel&Fax:03-3808-1873/Contact
開廊時間:12:00〜19:00
休廊日:日曜祝祭日休廊
*開廊時間・休廊日は展示によって変更あり