THE SPHERE OF BODIES / THE ARCHITECTURE OF SPHERES

展示会期2003年04月22日[火]〜05月24日[土]
開廊時間12:00―19:00(最終日のみ17:00まで、日曜祝日休廊)
展示作家Ohnmacht Flamm Architekten/Didier Fiuza Faustino/Dominik Baumueller/Najjar & Najjar Architekten/Atelier Kempe Thill

参加作家の作品は、ドローイング、写真等、さらにはヴィデオ映像によって紹介します。
また会場には、この展覧会のテーマに即しまたヴィデオスクリーンを観賞するための「カウチ」がオーストラリアの若い建築家、Nigel Bertram & Marika Neustupnyにより新たにデザインされ阿佐ヶ谷美術専門学校で製作し設置されます。
また展覧会カタログにはアメリカ出身のアーチスト・建築家であるAzby Brown のエッセイの収録を予定しています。

助成:オランダ大使館
後援:オーストリア大使館/文化フォーラム

Ohnmacht Flamm Architekten オンマフト・フラム・アルヒテクテン/ ヴォルフガング・オンマフト&フォルカー・フラム

Profile
Wolfgang Ohnmacht(1966生まれ)とVolker Flamm(1968生まれ)が2000年よりオーストリア、インスブルックで共同活動を開始。Flammにはアーチストと共同のいくつかの建築・彫刻的インスタレーション作品がある。2001年にはOhnmacht とFlammはインスブルック大学にて「Moving Space」と題された建築・構造的実験作品を製作した。現在彼らはいくつかのハウジング・プロジェクト等を進行中。

Vision’s exibition
2003年 THE SPHERE OF BODIES / THE ARCHITECTURE OF SPHERES

Didier Fiuza Faustinoディディエ・フィウツァ・ファウスティーノ

Profile
1968年生まれ。現在、リスボンとパリを拠点として活動。彼の活動は建築、ヴィデオ・アート、パフォーマンス、執筆等多岐にわたるが、それらは身体的経験としての空間の考察に焦点が当てられている。作品に「Love Me Tender」、「Body in Transit」、「Stairway to Heaven」などがあり、その作品はポンピドゥー・センターにもコレクションされている。現在、フランスのアーチスト、Fabrice Hybertのための住宅を設計中。

Vision’s exibition
2003年 THE SPHERE OF BODIES / THE ARCHITECTURE OF SPHERES

Dominik Baumueller ドミニク・バウミューラー

Profile
1960年ミュンヘンに生まれる。実験物理学を学び天文学の博士号を持つ。主な活動領域はテキスタイル・ストラクチャーのデザインと開発。例えばテント構造物、ソーラーパワー・バルーン(プロジェクトチームSuloonを設立)、リモートコントロール・エアシップ、テキスタイル・オブジェ等の実験開発。「Rotation Pneu」は空中に浮かぶ回転膜シェルターでその回転速度と風力によって空気をはらみ様々な魅惑的形態に変化する。それは時に巨大なキノコのかさの様になり、ピザ生地の様になり、円盤の様になる。

Vision’s exibition
2003年 THE SPHERE OF BODIES / THE ARCHITECTURE OF SPHERES

Najjar & Najjar Architekten ナイヤール&ナイヤール・アルヒテクテン/カリム・ナイヤール&ラメス・ナイヤール

Profile
ドイツとレバノンの国籍を持つKarim Najjar(1965生まれ)とRames Najjar(1967生まれ)は、1999年にウィーンとシュツットガルトに事務所を設立。2002年にはユニークな構造、フォルムを持つ「Semperit開発研究所」が完成。「3Dファサード・システム」、「Tidal House計画」等の作品がある。「Bug」は、1999年のカルチュラル・フェスティバルのために製作された。この空間的インスタレーションは、開閉するシェル形状のカバーで覆われた構造体で、その中に入った人の行動に応答してその様態を様々に変化させる。

Vision’s exibition
2003年 THE SPHERE OF BODIES / THE ARCHITECTURE OF SPHERES

Monika Gora モニカ・ゴーラ

Profile
1959年生まれ。1988年よりランドスケープ・アーキテクト、アーチストとしての自らのスタジオをスウェーデン、マルメに設立。他の建築家、アーチスト、エンジニアとのコラボレーション、また展覧会参加も多数。プロジェクトに、ヨーロッパ各地で発表された「Jimmys」、ウィーン、ストックホルムで行なわれたインスタレーション「A Drop of Light」、海上での環境的インスタレーション「X-X」などがある。2002年11月には建築物内外を連続するサイトとして展開されたランドスケープ作品「Common Ground」が完成。

Vision’s exibition
2003年 THE SPHERE OF BODIES / THE ARCHITECTURE OF SPHERES

Atelier Kempe Thill アトリエ・ケンペ・ティル/アンドレ・ケンペ&オリバー・ティル

Profile
ともに旧東ドイツ、ドレスデン工科大学で学んだ1968年生まれAndre Kempe と1971年生まれ Oliver Thill により2000年にロッテルダムで共同の事務所を設立。パリと東京でアーバン・スタディーを行なった後、オランダ、ドイツを中心に設計活動を展開する。2001年にはロッテルダムでボトルケースを活用した美しいパヴィリオンを設計。2003年春にはドイツのロシュトクのフェスティヴァルのためのオランダ特有の既製の蔦棚パネルを構成した壁面で囲まれるパヴィリオンが完成予定。

Vision’s exibition
2003年 THE SPHERE OF BODIES / THE ARCHITECTURE OF SPHERES

ACCESS

人形町ヴィジョンズ
〒103-0012東京都中央区日本橋堀留町2-2-9ASビル1F

東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線《人形町駅》A4・A5出口徒歩5分
Tel&Fax:03-3808-1873/Contact
開廊時間:12:00〜19:00
休廊日:日曜祝祭日休廊
*開廊時間・休廊日は展示によって変更あり