早稲田美研60-70 第11回展

展示会期2021年10月19日[火]〜10月23日[土]
開廊時間12:00―19:00 *最終日のみ16:00まで
展示作家犬飼三千子/植松圀夫/小澤潔/鬼原憲生/後藤亮子/杉浦京子/杉浦良允/瀬尾典子/高橋重夫/橋本周司/山岸忠正/山本宣史/吉岡和夫

コロナ禍は当然だと思っていたことが当然ではないこと、日常は異化されて突然シュールな非日常に変貌することに気づかせてくれました。日々の暮らしや人との交流などでのささやかな幸せを見直し、日常の片隅の小さな出来事を噛みしめ味わうといった気持ち-A taste of ordinary-をもたらしていないでしょうか。だから作品をつくりたい。過ぎていく日々の生活実感と美術へのはるかな思い。この二つがどういうかたちで結晶しているのか・・・。

活動歴

「早稲田美研 60-70」が示しているように、早稲田大学のサークル、美術研究会に1960年代と1970年代に集まっていた仲間のうちの何人かの活動が始まりです。
第1回展は2001年の青山・始弘画廊、2004年の第2回展以後、2019年の第10回展まで、神保町・文房堂ギャラリーで開催してきました。
第11回展は、2020年夏の東京オリンピックに並行して開催を予定していました。新型コロナ流行につき中止となりました。そして、人形町ヴィジョンズでの今回の開催にいたっています。
参加者は、毎回、おおむね、15名から20名程度。 そのなかには、文化庁の若手芸術家海外研修員に選ばれたアーティストをはじめ、シェル美術賞展に入選や二科展の常連、日本版画協会展で展示、日本表現派などの団体のメンバー、一年間に毎年10 回以上展覧会に参加、2017年のタイ国政府観光庁主催の日タイ修好130周年記念展に写真で最優秀賞に選ばれた者など、作品の傾向と活動の方法は各人各様です。
けれども、かつてのカウンター・カルチャーの洗礼の記憶をとどめながら、美術への憧憬と情熱をもちあわせていることでは共通しています。

第10回展の様子

早稲田美研展
犬飼三千子 2019年第10回展展示光景

早稲田美研展
植松圀夫 2019年第10回展展示光景

早稲田美研展
小澤潔 2019年第10回展展示光景

早稲田美研展
後藤亮子 2019年第10回展展示光景

早稲田美研展
杉浦京子 2019年第10回展展示光景

早稲田美研展
杉浦良允 2019年第10回展展示光景

早稲田美研展
瀬尾典子 2019年第10回展展示光景

早稲田美研展
高橋重夫 2019年第10回展展示光景

早稲田美研展
橋本周司 2021年7月習作展示光景

早稲田美研展
山岸忠正 2019年第10回展展示光景

早稲田美研展
山本宣史 2019年第10回展展示光景

早稲田美研展
吉岡和夫 2019年第10回展展示光景

ACCESS

人形町ヴィジョンズ
〒103-0012東京都中央区日本橋堀留町2-2-9ASビル1F

東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線《人形町駅》A4・A5出口徒歩5分
03-3808-1873/ お問い合わせ
開廊時間:12:00〜19:00
休廊日:日曜祝祭日休廊
*開廊時間・休廊日は展示によって変更あり

Copyright © 2002 - 2021 人形町ヴィジョンズ,All Rights Reserved.