第八期文字塾展 オンライン「ちりもつもればかなとなる」

展示会期2020年07月04日[土]〜07月19日[日]
開廊時間オンラインでの開催(会期中は24時間閲覧可能)
展示作家阿部央輔/今市達也/岩崎奈々美/城井文平/久藤和彦/黒岩美桜/清水悠登/張軒豪(ジョー・チャン)/角田彰利/土肥優利香/日比野純子/彭慧然(クリオ・ペン)

書体設計士鳥海修主催の文字塾。第八期も、書体をつくりたい!と集まった塾生が、1年をかけて自身の文字と向き合いました。
例年、人形町ヴィジョンズさまにて文字塾展を開催しておりましたが、2020年はオンラインでの展示となります。
文字塾としては初めての試みです。12人の想いが宿った個性溢れる書体の表情をぜひお楽しみください。
なお、例年同様に会期限定の展示となりますので、お見逃しのないようご注意ください。

こちらの特設サイトにて作品をご覧いただけます。
>> 第八期文字塾展オンライン「ちりもつもればかなとなる」特設サイト

作品の紹介、鳥海塾長と今田欣一さんからの解説が掲載された冊子の制作も行いました。冊子は数量限定で郵送での配布となります。
応募期間やお申し込み方法などは、上記特設サイトにてご案内いたします。

ライブ配信『今田欣一×文字塾』

日時:07月19日[日]14:00-17:00
ゲスト:今田欣一
司会:鳥海修
八期生の作品への解説を寄せてくださった今田欣一さんをゲストにお迎えし、ライブ配信イベント『今田欣一×文字塾』を開催いたします。
今田さんと文字塾生による対話形式で、塾生一人ひとりの制作した書体についてお話しする予定です。
後半には視聴者の皆さまからコメントをいただきながら、ライブ配信ならではのフリートークを繰り広げられたらと考えております。
1回限りの配信となりますので、ぜひリアルタイムでお楽しみください。
YouTubeで無料でご視聴いただけます。

■ゲストプロフィール
今田欣一(いまだ・きんいち)
活字書体設計師。1954年岡山県生まれ。1977年九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業。1997年有限会社今田欣一デザイン室を創業し、自社ブランド「欣喜堂」でデジタルタイプの制作・販売を展開。「日本語書体八策」、「和字書体三十六景・十二勝」、「ほしくずやコレクション」など数多くのデジタルタイプ開発に携わっている。2017年に第16回佐藤敬之輔賞(個人部門)を受賞。主著に『活字書体の履歴書[青春朱夏編]』(欣喜堂、2017年)など。活字と書物の勉強会「typeKIDS」を主宰。

■司会者プロフィール
鳥海修(とりのうみ・おさむ)
1955年生まれ。多摩美術大学GD科卒業。有限会社字游工房の書体設計士。ヒラギノシリーズ、こぶりなゴシック、游明朝体、游ゴシック体など、ベーシック書体を中心に100書体以上の書体開発に携わる。2002年第一回佐藤敬之輔顕彰、2005年グッドデザイン賞、2008年東京TDC タイプデザイン賞を受賞。京都精華大学客員教授。著書に『文字を作る仕事』(晶文社)、『本をつくる 書体設計、活版印刷、手製本ー職人が手でつくる谷川俊太郎詩集』(河出書房新社、共著)がある。

当展示はオンライン上での開催となり、ヴィジョンズの会場を使用した展示ではございません。
弊画廊での展示は来年2021年を予定しております。
会期が近くなりましたら再度みなさまへ告知させていただきます。
※このページに関するお問い合わせはtorinomojijuku@gmail.comまでお願いいたします。

ACCESS

人形町ヴィジョンズ
〒103-0012東京都中央区日本橋堀留町2-2-9ASビル1F

東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線《人形町駅》A4・A5出口徒歩5分
Tel&Fax:03-3808-1873/Contact
開廊時間:12:00〜19:00
休廊日:日曜祝祭日休廊
*開廊時間・休廊日は展示によって変更あり